受付
時間
午前  7:00〜12:30
午後 12:30~18:30

休診土曜午後 ⁄ 日曜 ⁄ 祝日

病院のご案内

平成29年度 牧野記念病院 病院指標

各項目に関する集計条件および集計方法は、厚生労働省の指示のもと行われております。
DPCデータを使用し、下記の項目を算出いたしました。

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

集計対象

  • ・ 平成29年4月~平成30年3月退院患者様であり、一般病棟に1回以上入院した患者様
  • ・ 入院した後24時間以内に死亡した患者様又は生後1週間以内に死亡した新生児は集計対象外
    (自賠責、労災、自費等の患者様を除く)
  • ・ 臓器移植(『厚生労働大臣が指定する病院の病棟における療養に要する費用の額の算定方法の一部を改正する件(平成28年厚生労働省告示第73号)』に規定)は集計対象外
  • ・ 医科レセプトのみもしくは歯科レセプトありの患者様
  • ※患者数10未満の場合は―(ハイフン)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - - 16 18 43 52 139 242 462 216
幅広い年齢層を受け入れておりますが、比較的重症にないやすい高齢者の入院が多くなっています。70歳以上の割合が全体の77%、80歳以上の割合が57%です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 118 34.17 20.83 5.08 84.27
110310XX99XX0X 腎臓または尿路感染症 手術なし 副傷病なし 36 16.31 12.34 0.00 81.39
040081XX97X0XX 誤嚥性肺炎 手術あり 手術・処置等2-なし 22 55.45 40.34 4.55 84.82
0400800499X01X 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上)手術なし 手術・処置2-なし 副傷病あり 19 52.05 21.86 10.53 87.63
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 19 24.84 17.71 10.53 86.16
飲み込み機能が弱くなると、むせて肺炎になりやすく、また高齢者の尿路感染症は再燃を繰り返し慢性化しやすくなります。高齢になると重症化しやすいですが、多くが自宅や施設等に退院しております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060040XX99X60X 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-6あり 副傷病なし 20 3.25 4.38 0 64.90
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし - - 7.40 - -
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-5あり 副傷病なし - - 4.38 - -
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし - - 9.14 - -
060035xx0101xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-1あり - - 30.71 - -
消化器疾患の患者様を中心に治療をしています。悪性腫瘍の治療は状態に合わせ手術、化学療法、緩和治療を行っております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 90 33.96 27.09 8.89 83.31
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 54 34.72 22.44 1.85 82.63
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 20 33.10 19.94 0.00 80.70
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 13 2.46 5.21 0.00 56.85
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 10 35.10 19.97 0.00 81.60
多くは、高齢者の転倒による股関節・大腿骨の骨折と腰椎圧迫骨折の患者様です。また高齢になると骨の強度が下がり、骨折しやすい骨粗鬆症になります。在宅等で生活できるように当院でリハビリ治療をうけて退院しております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 7
大腸癌 - - - - - 31 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
大腸がんが最も多く、進行状態に合わせて切除術、化学療法、緩和治療を行っております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 45 27.69 84.18
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
通常の社会生活を送って罹患したのが市中肺炎です。かぜやインフルエンザをこじらせた時になりやすいです。中等度の患者様が最も多く、重症度が上がるほど平均年齢が高齢化し、平均在院日数も長くなる傾向がみられます。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
- 12 150.75 82.58 25.00
診察の結果、侵襲の大きな手術を要する患者様は地域内で他病院と連携しております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 18 30.00 75.50 0.00 82.39
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 - - - - -
内科では内視鏡による治療を行っております。胃瘻増設術は、口から食事が取れない方や食べ物がうまく飲み込めず肺炎を起こしやすい方に直接胃に栄養を入れるための方法です。症状が改善しても自立生活が困難な方が多く入院日数が長くなっています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 16 0.00 2.40 0.00 69.06
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 - - - - -
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K0002 創傷処理(筋肉、臓器に達する)(長径5cm以上10cm未満) - - - - -
消化器疾患を中心に診療をしております。鼠径ヘルニアが最も多くほとんどが男性です。胆嚢摘出術は傷が少ない腹腔鏡下による手術が多く行われました。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(上腕)(大腿) 59 3.50 39.50 0.00 80.71
K0811 人工骨頭挿入術(股) 37 2.71 33.86 2.70 83.14
K0462 骨折観血的手術(下腿)(前腕) 19 1.29 25.14 5.26 61.53
K0463 骨折観血的手術(鎖骨)(指)(膝蓋骨) - - - - -
K0484 骨内異物(挿入物を含む)除去術(鎖骨)(膝蓋骨) - - - - -
外傷に対しての骨折観血的手術と股関節の人工骨頭挿入術の症例を多く対応しています。80代の高齢者が多いですが、当院で早期に術後リハビリを施行して、在宅等に退院しております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる 13 1.08
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
臨床上ゼロにはなりえないものの、少しでも改善すべきものとして発生率を示しています。敗血症は感染症が原因で血液が細菌に感染することによって発症します。肺炎や尿路感染症、悪性腫瘍などが原因になります。真菌感染症は抵抗力が低下した人で発症し抗真菌薬の治療が主になります。
更新履歴
2018/09/26
平成29年度 病院指標を公開しました。