受付
時間
午前  7:00〜12:30
午後 12:30~18:30

休診土曜午後 ⁄ 日曜 ⁄ 祝日

病院のご案内

セカンドオピニオン

  • セカンドオピニオンとは
  • Q&A
  • たとえばガンの告知を受けたとき、治療方針を決めるにあたって主治医とは別の医師に意見を聞くしくみを「セカンドオピニオン」といいます。

    「セカンドオピニオン」って、何?

    それは、「医者をかえる」ことではありません。
    主治医との良好な関係を保ちながら、複数の医師の意見を聞くことです。

    医師によってあなたの病気に対する考え方が違う場合もあります。
    また、医師や病院によって医療技術や診療の質に差があることも考えられます。そこで、あなたにとって最善と考えられる治療を、患者と主治医で判断するため、主治医以外の医師の意見を聞くこと。それが、セカンドオピニオンです。場合によっては、医師をかえることになります。

    アメリカでは、すでにあたりまえのこと。日本でも普及のきざしが見えてきました。

    アメリカでは、ガンを手術で切除するか、放射線治療を行うかというような判断は、複数の医師の意見を聞いたうえで患者自身が判断することが多くなっています。日本でも、医療過誤をめぐるトラブルや患者の意識の高まりを受けて、セカンドオピニオンが広がってきました。

    納得して治療法を選ぶことは、患者の持つ基本的な権利です。

    同じ手術をするとしても、「どんなリスクがあるのか」「ほかにどんな選択肢があるのか」を知ったうえで行うことは、非常に重要なことです。
    セカンドオピニオンは、患者の権利を守ると同時に、医師にとっても誤診を回避するなど多くのメリットを持ったしくみです。

    セカンドオピニオン3原則
    ・医師は、患者さんがセカンドオピニオンをとることを推薦します。
    ・医師は、患者さんが他の医師によるセカンドオピニオンを希望する場合は診療情報の提供を含めて協力します。
    ・医師は、患者さんがセカンドオピニオンを求める場合は、 協力して受け入れます。
  • セカンドオピニオンというしくみには、どういう利点があるのでしょう?
    患者にとっても医師にとっても、さまざまな利点があります。
    「セカンドオピニオン」をとることで主治医の方針に納得できれば、現状の治療に安心して取り組めます。別のより良いと思われる治療を選択するチャンスも得られます。誤診が発見されることもあります。また、病気や治療法に関する患者の理解が深まれば、それは結果的に医師との信頼関係を築くことにもなります。一方、医師にとっては何か見落としたりするリスクを減らし、よりよい治療方法を立てることに役立ちます。
    まず何をすればいいのでしょう?
    まずは、主治医に申し出ましょう。
    「セカンドオピニオン」は、単純に病院や医師をかえることではありません。
    まず主治医に「セカンドオピニオンを取りたいのですが」とあなたの口から伝えてください。
    主治医の機嫌を損ねたりしませんか?
    主治医の機嫌よりも大切なこと
    自分の生命や身体に関して、少しでも多くの情報を得たいという気持ちは当たり前のことで、どんな名医でも否定はできません。患者のことを第一に考えてくれる医師なら、必ず理解を示してくれるはずです。
    医療の素人が治療法を選ぶなんてできるのでしょうか?
    自分の身体のことですから、疑問点をしっかり聞き自分で選択する気持ちが大切です。
    たとえば乳ガンの場合、手術で乳房を残せるかどうかは、女性にとって大きな問題です。
    残せる治療法にはどのようなものがあるか、それぞれの治療法にはどのようなメリットやリスクがあるか。それをきちんと知った上で納得して決めることが、その後の人生においても非常に重要なことです。
    セカンドオピニオン医は、どうやって探せばいいのでしょう?
    受け入れてくれる医師も、情報も、どんどん増えていきます。
    セカンドオピニオンは以前に比べれば普及してきましたが、まだ消極的な医療機関もあります。主治医に相談するのもひとつの方法ですが、同じような医師のところへ行くと同じ治療法ですすめられることもあり、どういったタイプの医師に依頼するかは重要なポイントです。
    セカンドオピニオンをとるとき、準備すること、注意することは、ありますか?
    1. 疑問点は、先に主治医に聞いてから。
    あなたの病状を最も良く理解しているのは主治医です。セカンドオピニオン医に質問する前に、主治医の意見をきちんと聞いてください。
    2. 紹介状と診断情報をもらいましょう。
    主治医に紹介状を書いてもらい、必要ならば病理検査、画像診断、内視鏡検査、血液検査などの診療情報をもらいましょう。それがなければ、もう一度すべての検査をしなければなりません。
    3. 受け入れ先に確認しましょう。
    受診前に病院に電話をして、受け入れ体制、予約の有無、持参する資料、費用などを確認しましょう。
    4. 病気の経過と聞きたいことをまとめておきましょう。
    セカンドオピニオンの普及をさまたげる理由の一つに、受け入れ側の医師や病院の負担が大きいことがあげられます。
    なるべくセカンドオピニオン医師の負担を減らすために、これまでの経過や質問事項、それに対する主治医の意見をまとめてメモしておいてください。