受付
時間
午前  8:00〜12:00
午後 13:00~16:30

休診土曜午後 ⁄ 日曜 ⁄ 祝日

各部門のご案内

脊椎外来

当院の整形外科では毎週金曜日午前、第1、3、5週の土曜日午前に脊椎疾患に特化した医師による脊椎の専門外来を行っております。検査から診断までスピーディーに行い、患者さまの状態にあった治療をご提供致します。

脊椎外来

 
午前        
午後            

※第1、3、5土曜日のみ診療

代表的な脊椎疾患

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは、脊椎に沿った脊柱管と呼ばれる神経が通る管が狭くなり、神経を圧迫することで痛みやしびれなど様々な症状が出る病気です。

  • [脊柱管狭窄症 横からの断面]

  • [脊柱管狭窄症 上からの断面]

こんな症状はありませんか?

  • 歩くとお尻や脚に痛みやしびれが出てしまい歩けなくなるけれども、前屈みや座って休憩すると症状が楽になり再び歩ける
  • 長時間立っているとお尻や脚がしびれて立っていられなくなる
  • 腰をそらすと腰痛や臀部痛、脚に痛みやしびれがでるけど前屈みになると楽になる
  • 足腰の症状の割には自転車は楽に乗れたり、買い物の際にショッピングカートを押しながら歩くと楽に歩ける
  • おしりの周りにしびれやほてりがある
  • 便秘、尿漏れや残尿感を自覚するなどのような排泄に異常がある

診断

上記のような症状がある場合は脊柱管狭窄症が疑われます。脊椎外来では患者さまの症状を確認し、レントゲンやMRIを使って診断をしていきます。

治療

症状が比較的に軽度の場合は神経の症状を緩和する内服薬やブロック注射による治療を行います。これで症状が改善しない場合は手術を検討します。初めて受診された時にほとんど歩けない状態であったり、排泄障害があるなどの症状が重い方はすぐに手術を勧めることがあります。