メインビジュアル

〒226-0003 神奈川県横浜市緑区鴨居2-21-11

お問い合わせ045-933-4111

MENU

ごあいさつ greeting

ごあいさつ

当院は、昭和 55 年に開院以来、「患者様と共に歩む医療、愛し愛される病院、地域医療への貢献」を病院理念として、近隣の開業医の先生方や、介護施設との連携に重きをおき、地域に根差した病院として、地域医療の一端を担って参りました。

特に整形外科では、急性期外傷疾患を中心に、老若男女問わず、日々多くの方々にご利用頂いております。

超高齢化社会を迎え、健康寿命の重要性が叫ばれる昨今、運動器疾患を扱う整形外科の役割は大きく、地域住⺠の皆様からの要望も年々増しています。

当院では、皆様の御要望にお応えするため、主症状として特に多い、腰痛・肩こり・手足の痺れや痛み、などの症状を呈する脊椎疾患を専門的に扱う部門として、『横浜せぼねセンター』を開設することとなりました。

当センターでは、日本整形外科学会専門医および日本脊椎脊髄病学会認定指導医が、脊椎・脊髄疾患に対する専門的な治療を行っており、脊椎・脊髄疾患による痛み、しびれ(痺れ)、神経麻痺、歩行障害など様々な症状でお悩みの患者さまに幅広く対応しております。

また、当センターで行なっている手術の多くは、患者様への身体的負担の少ない、最新の低侵襲手術治療であり、これらを安全に安心して受けて頂くように心掛けております。

多様化の一途を辿る、現代社会において、患者様を取り巻く環境はひと昔前とは大きく異なり、実に多種多様となっております。

年齢や身体的状況、また住環境や経済的状況など多くの要素が複雑に絡み合った中で、我々が最も大切にするべきこと、それは患者様のʻʼ痛みʻʼにしっかりと耳を傾けることではないかと考えております。

我々は、病院理念として「患者様と共に歩む医療」「愛し愛される医療」を掲げ、きめ細やかな医療を目指しています。

治療法の選択に際しては、手術を選択する上でのリスクについて十分な説明を行い、手術をしない選択、いわゆる保存療法についても知って頂き、患者様とその御家族様と、よく話し合い、納得した上で治療を選択して頂いております。

腰痛、肩こり、首の痛み、手の痺れ・脚の痺れ、神経麻痺、感覚障害、歩行困難などでお困りの方は、当センターにどうぞお気軽にご相談下さい。


【開業医の皆様】

当院は地域医療への貢献を病院理念として掲げ、今後とも地域を支える先生方と共に歩んでいけるよう、病診・病病連携を大切にして参りたいと考えております。

地域の先生方からの要望は地域の皆様からの要望であることを心得、御依頼頂いた際には、迅速・丁寧な対応を心掛けております。

また、1.5T(テスラ)のMRIや、CT、骨密度測定器(腰椎・大腿骨)など最新の検査機器も導入しておりますので、検査あるいは診断のみの依頼もお引き受け致しております。

さらに、保存治療に抵抗性を示す患者様や、手術治療だけではなく、強い症状で日常生活にお困りの患者様の保存入院も積極的にお引き受け致します。

先ずは、お気軽にお問い合わせ頂けましたら幸甚に存じます。

TOP